シュガリミットの副作用についてどこよりも詳しく解説をしています。

シュガリミットに副作用や危険性はない?【安全性をチェック】

シュガリミットなら、飲みやすくてダイエットも継続できそうだ!と思っていても、副作用の危険は調べてから始めたいものですね。

ここでは、

  • シュガリミットに副作用・危険性はない?
  • シュガリミットの副作用の可能性がある成分はない?
  • シュガリミットは妊娠中や授乳中でも飲める

などご紹介いたします。

ぜひ、シュガリミットを始める前に副作用に該当していないか確認してください。

シュガリミットに副作用・危険性はない?

シュガリミットに副作用・危険性はない?

食物アレルギー

シュガリミットに含まれる食物で、注意しなくてはいけないアレルギー物質は「すいおう」と「スピルリナ」です。

すいおうはシュガリミットの代表成分ですが、すいおうの元となるさつまいもの茎がアレルギーとして反応する可能性があります。

さつまいもアレルギーの症状は、蕁麻疹や下痢、腹痛が考えられます。

また、スピルリナでも同様の副作用が稀にあります。

アレルギーによる副作用が出た場合は、すぐに使用を控えるようにしてください。

過剰摂取による下痢や腹痛

シュガリミットを過剰摂取すると

  • 下痢
  • 腹痛
  • 貧血
  • 膨満感

などの副作用が出る場合があります。

貧血の原因は、シュガリミットに含まれるギムネマ末です。

ギムネマ末は、小腸で糖の吸収を阻害する成分ですが、一緒に鉄分の吸収も阻害するため貧血になる恐れがあります。

シュガリミットの副作用の可能性がある成分はない?

シュガリミットの副作用の可能性がある成分はない?

シュガリミットの全成分

難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)、還元麦芽糖、甘藷若葉粉末、ブドウ種子抽出物、キャンドルブッシュ粉末、セレン含有酵母、スピルリナ粉末、バナバ葉抽出物、黒胡椒エキス末、殺菌乳酸菌粉末、HMBCa、クレアチン、オレンジ抽出物、カシス抽出物/二酸化ケイ素、ナイアシン、ステアリン酸Ca、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物

副作用の可能性があるのはスピルリナ粉末による好転反応

解毒効果が期待できるスピルリナは、好転反応が出る場合があります。

つまり、一時吹き出物が出たり倦怠感などが出る場合があるのですが、体の毒素さえ出てしまえば症状は治まります

好転反応の場合は、1ヶ月から遅くても3ヶ月くらいで症状は治まります。

シュガリミットは妊娠中や授乳中でも飲める?

シュガリミットは妊娠中や授乳中でも飲める?

シュガリミットに含まれるギムネマは、妊娠中や授乳中の服用がOKとする商品もあれば、NGとする商品もあります。

もしも妊娠中や授乳中にシュガリミットを服用したい場合は、かかりつけの産婦人科医に相談してからにしてください。

また、妊娠中や授乳中に過度なダイエットをすることは母親にも胎児にも悪影響を及ぼします。

服用する量は必ず守るようにしましょう。

シュガリミットは副作用を確認してから服用しよう

シュガリミットは副作用を確認してから服用しよう

シュガリミットの主な副作用になる原因は、

  • アレルギー
  • 過剰摂取

です。

妊娠中や授乳中でも、医師に相談してOKをもらえば服用できますので、高血圧を防止するためにも上手く服用したいですね!

シュガリミットに副作用・危険性はない?【安全に使えるのか確認】
タイトルとURLをコピーしました